ヘッダーに簡単なCSS3のアニメーションを仕掛けてみた。

Add css3 animation to the header 0

このブログのヘッダーにいるドロイド君に注目。
ページを表示して数秒後、一回だけアニメーションが実行されます。リロードして確かめてみてください。
これ、JavaScriptやjQueryは一切使ってません。いやぁ、こんな簡単にできるとは思わなかった。

スポンサードリンク

CSS3のアニメーション

Add css3 animation to the header 1

ドロイド君の頭が開いてヘーベル君がニョキッと出てくるアニメーションは全てCSS3で書かれています。 CSS3なので、Internet Explorerや古いブラウザだと一部対応していませんが、もちろんスマートフォンには対応しています。
いやしかし、スタイルシートだけでこれだけなめらかなアニメーションができるのはちょっと感動しました。

ソース

webデザイン系のブログではないので、ソースを載せたところであまり意味ないですが、一応載せておきます。
ベンダープレフィックスがたくさんあって長くなってしまうので、webkitのみ載せています。

cssのソース

#header-logo {
	width: 200px;
	height: 128px;
}
#header-logo img {
	position: absolute;
	clip: rect(0px 500px 128px 0px);
}
#header-logo-body {
	z-index: 4;
}
#header-logo-head {
	z-index: 3;
	-webkit-transform: rotate(24.5deg);
	-webkit-transform-origin: 40px 106px;
	-webkit-animation: head-motion 0.5s ease 2s 1 normal forwards;
}
#header-logo-hebelkun {
	z-index: 2;
	-webkit-transform: translateY(37px);
	-webkit-animation: hebelkun-motion 0.5s ease 2s 1 normal forwards;
}
#header-logo-hi {
	z-index: 1;
	-webkit-transform: translate(-40px,58px);
	-webkit-animation: hi-motion 0.5s ease 2s 1 normal forwards;
}
@-webkit-keyframes head-motion {
	0% {-webkit-transform: rotate(24.5deg);-webkit-transform-origin: 40px 106px;}
	13% {-webkit-transform: rotate(24.5deg);-webkit-transform-origin: 40px 106px;}
	100% {-webkit-transform: rotate(0);}
}
@-webkit-keyframes hebelkun-motion {
	0% {-webkit-transform: translateY(37px);}
	100% {-webkit-transform: translateY(0px);}
}
@-webkit-keyframes hi-motion {
	0% {-webkit-transform: translate(-40px,58px);}
	30% {-webkit-transform: translate(-40px,58px);}
	100% {-webkit-transform: translate(0,0);}	
}

HTMLのソース

<div id="header-logo">
	<img src="ドロイド君の胴体の画像" id="header-logo-body" width="200" height="200">
	<img src="ドロイド君の頭の画像" id="header-logo-head" width="200" height="200">
	<img src="ヘーベル君の画像" id="header-logo-hebelkun" width="200" height="200">
	<img src="\ハーイ/の画像" id="header-logo-hi" width="200" height="200">
</div>

※animation-delayが2sに指定されていますが、本当はJavaScriptを使ってページを読み込み終わってからアクションした方がいいです。ただ面倒・・・
カテゴリー:WEB タグ:, , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です