[脱獄]iOS6でも設定アプリのURLスキームを復活させる方法

IMG 0972 のコピー

「設定アプリのURLスキーム」・・・なんだか懐かしい響きですね。
iPhoneの設定アプリにある「Wi-Fi」とか「Bluetooth」の項目へURLで一気にジャンプできるURLスキームというものが一昔前発見されたのですが、iOS5.1のアップデートで使えなくなってしまいました。
そこで「設定アプリのURLスキーム」をiOS6でも有効にさせる方法を紹介します。

スポンサードリンク

紹介しますと言っても超簡単。plistを一箇所だけオンにすればURLスキームが有効になっちゃいます。

注意

この方法はiPhone内のファイルを直接書き換えます。 全ての事柄は自己責任の元で実行してください。

Siri経由でならiOS6でも使うことができますが、今回説明するのはSiri経由以外でも使う事ができるようになります。

URLスキームを復活させる手順

※iOS6.0以上が必須

iFileで以下のパスにあるInfo.plistを開きます。

/var/stash/Applications.******/Preferences.app/Info.plist
または、iFileをインストールしているiPhone等のディバイスでこちらのリンクを踏むと一発で開けます。
※念のためファイルのバックアップを取っておいて下さい。

▼プロパティリストビューアーで開きます。 IMG 0965

▼スクロールして真ん中あたりにある「CFBundleURLTypes」をタップ IMG 0969

▼「Dictionary (Settings Location URL)」をタップ IMG 0970

「CFBundleURLIsPrivate」を「オフ」に切り換える IMG 0971 「完了」をタップすればファイルの書き換えは終了。

最後にディバイスを「再起動」すれば設定アプリのURLスキームが使用可能になっていると思います。

まとめ

この方法はiOS6のみ対応しています。
iOS5.1やiOS5.1.1では別の方法でないとできません。(多分・・・)
前まで僕もやっていたので、iOS5.1でも復活させることができるのは確かなんですが、ダウングレードするのが面倒なのでやり方は割愛させてもらいます。

ちゃんとスキームが復活したのかを確かめるには、試しに以下のリンクをiPhoneで踏んでみて下さい。

prefs:root=General&path=About

設定アプリの「情報」へ飛べたら成功です!

iOS6のURLスキームについてはこちらの記事がとても参考になります。
[iOS 6版] 設定アプリを直接起動するためのスキームまとめ! & Siriから呼び出す方法 | Tools 4 Hack

iOS6対応設定アプリのURLスキーム一覧はこちら
Settings Scheme for iOS 6 – 設定アプリのURLスキーム [iOS 6対応まとめ]

カテゴリー:Jailbreak タグ:, , , ,
Comments
  1. 5年 ago

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です